ポスティングをすることが大切|宣伝効果絶大

レディ
紙袋

少なくても効果はある

小ロットのデザイン紙袋を導入して成功させるには、商品数と袋の数を決めて、限定的でレアなものであることをアピールすると宣伝効果が高まります。小ロットであっても、それに合わせてデザイン紙袋を使う商品価格や商品を限定していくことで、ユーザーの満足度も高まります。

紙袋

ペーパーバッグの注文方法

紙袋をオーダーで制作する際には、サイズや作成する枚数、予算などを前もって決めておきましょう。また、前もってロゴマークを用意しておくことも大切です。さらに印刷に使用される素材なども決めておく必要があります。紙袋をオーダーして納品されるまでには、最低でも20日はかかります。

高齢者向けのアナログ広告

チラシ

日常風景の中に

インターネットの時代になり、企業の広告もネットを使ったものが一般的になってきました。しかしネットに頼らないアナログ手法の広告も、未だ重要性を失ってはいません。というのも、特に高齢者を中心に「ネット情報を重視しない」「そもそもネットに触れない」層が多数存在しているからです。高齢化が叫ばれる現在、売上を伸ばすにはこうした層に対する直接的なアピールが必須といえるでしょう。地方のみならず、東京のような都市部であってもそれは同じことです。そうしたアナログ広告の手法の中でも、今注目を集めているのがポスティングです。ポスティングとは「チラシを直接ポストに投函する」という方法で、DM(ダイレクトメール)と比べて郵送料がかからず住所名簿も必要としないというメリットがあります。東京のような人口密集地域では、特に有効な宣伝方法です。また開封されないかもしれないDMとは異なり、捨てるにせよ必ず全体を目にすることになるのも大きな特徴です。こうしたポスティングの特性をうまく活かして使うために欠かせないことは、とにかく「継続する」ことでしょう。東京のように、競合する情報の多い地域ではそれが特に重要です。同じ家に繰り返しポスティングを行うことで、「いつも入っているおなじみのチラシ」という印象を植え付けます。人間は、普段見慣れているものには警戒心が薄くなります。日常風景の中にポスティングチラシを加えてもらう、これが東京での高齢者向けのビジネスのコツなのです。

横断幕

宣伝活動に必須のアイテム

企業商品のPR手段としてはインターネットのほか最近では横断幕を導入する企業が多くあります。そのメリットは目立ちやすくて、持ち運びが容易であることです。横断幕を自製すれば費用はかからず、外注では激安価格で請負う業者もいます。導入後は製品のPRやイベントの告知、会社理念などの情報発信に活用されています。