ポスティングをすることが大切|宣伝効果絶大

メンズ
  1. ホーム
  2. 少なくても効果はある

少なくても効果はある

紙袋

金額や商品に合わせる

紙袋による宣伝効果が出るかどうか分からない場合や、宣伝効果が期待できる業種かどうかを確かめるには、まずは小ロットでの紙袋製造をするのが効果的です。小ロットで生産する場合には、すべての商品に袋を使っているとすぐになくなってしまうでしょう。そのため一定の金額以上、または一定の商品を購入してくれたユーザーにのみ、小ロットの限定紙袋を提供するとお得感や特別感が出るため、販売促進にもつながります。レアな商品のキャンペーンと合わせて販売すれば宣伝効果も高まりやすく、小ロットの紙袋での宣伝効果も高まります。準備をする段階で、どんな商品を扱うか先に決めておく必要があります。小ロットと言っても商品と紙袋の割合が合わなくなってしまうと顧客の満足度が下がってしまうため、商品よりも多めになるように袋を用意する必要があります。どちらを基準にするかは予算によって変化しますが、デザイン紙袋の小ロット単位に合わせて商品を製造、準備するほうが無難です。実際に店舗に導入する場合には、アルバイトやパートの店員にも間違えがないように伝える必要があり、キャンペーンの内容を理解した行動が求められます。ある程度経験豊富な店員のいるショップに限定して専用のデザイン紙袋を設置しないと効果が半減してしまうため、設置すべき店舗選びにも注意が必要です。主要都市の店舗や人気店というだけでなく、接客サービスの高さや経営面や宣伝面を理解できる店員がいることも大切で、日頃の店員の教育も重要です。